稲庭城
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
スペーサー
工場見学
スペーサー
スペーサー
おいしい稲庭うどんが出来るまで

稲庭うどんは、300年経った今でも、練り・熟成・手延べ・つぶし・延ばしにいたるまですべて手作業で行います、栗駒山系の伏流水を使って練られた小麦粉を一日ねかせ、翌日たんねんに延ばします、うどん職人が全身全霊をこめて作っております、機械ではどうしても出せない、職人の手の微妙な動きや手加減により、コシがあって、さらりとした食味を生み出すのです

1)練り
 
2)延ばし
練り

小麦粉の1粒1粒に塩水が混ざるように、ていねいに練り、丸い饅頭型にまとめて一晩寝かせて熟成させます。塩加減は気候によって変えますが、ここが職人の腕の見せどころです。

 

厚さ15ミリほどに延ばします。

 
 
3)小巻
4)綯え

転がしながら直径1センチほどの丸い紐状にし、同心円をつくりながらまいていきます。

この後1時間ほど寝かせて熟成させます。

二本のかけ棒に縄を綯うように撚りを入れながら、あやがけして細くしていきます、手綯いによって、コシの強いうどんとなるのです。

 
 
5)延ばし・平押し
6)乾燥-1
 

倍の長さに延ばし、棒で押しつぶして平にします。平押しすることによりゆで上がりが早く、口当たりも良くなります。

自然にゆっくりと乾燥させ、天候に応じて乾燥時間を変える職人の技が旨いうどんをつくるのです。

 
 
7)乾燥-2
8)乾燥-3
9)乾燥-4
 
 
10)裁断及び選別
11)包装
一定の長さに裁断した後、規格から外れたうどんをはじいていきます。
このように、仕込みから出荷までほとんど手作業で行われます、熟成・乾燥・うまみが出るまで寝かすことで稲庭うどん独特の美味しさを味わうことができます。

稲庭古城堂
秋田県湯沢市稲庭町字新処69-1
TEL0183(43)2315 FAX0183(43)2602